« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月24日

弘法山

Photo2485
弘法山展望台から本宮山

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新宮山

新宮山(84m、愛知県豊川市、御津町)
地元の低山です。弘法山公園がある場所ですが、新宮山の山頂は公園上部の秋葉神社からさらに上になります。山麓から表参道らしき道がありますが、かなりひどい藪状態だったので諦めました。結局、公園展望台の駐車場から踏み跡らしき道を登ったのですが、こちらも藪とクモの巣とヤブ蚊が強烈でした。山頂には立派な石碑があって驚きましたが、散々な目にあいました。
山ラン#262
144MHz(FM)

2mのFMでCQを出したら千葉県まで届きました。何故か千葉県と相性がいいようです。新宮山の山頂は間違っても無線をする場所ではありませんが、弘法山公園の展望台は休憩所もあって、お手軽移動運用に丁度いい場所です。


20070924a
山頂の石碑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月22日

焼岳

焼岳(2455m、長野県松本市、岐阜県高山市)
午前7時前に中の湯の登山口に着いたのですが、既に駐車場は満車で縦列駐車状態。とても登山者の多い山です。その後も次々と登山者が訪れて、登山道は行列状態が続いていました。もちろん山頂部も満員御礼で、まさに夏山最盛期。9月も下旬になったというのに暑い日で、人間も植物も空も夏のままでした。
この山は登山口にある中の湯温泉が利用できるのが最高。山頂で会った人たちと露天風呂に一緒に入ることになります。
山ラン#261
430MHz(FM)

三角点は南峰にありますが、現在南峰は立ち入り禁止。北峰は下から見上げると岩峰ですが、山頂部はそれなりの広さがあります。誰もいないときならアンテナ設置に十分な広さがありますが、登山者の多い山ですから無理かも。今日は満員状態だったのでホイップアンテナで喋るだけでも大変でした。展望も無線のロケーションも最高の場所です。


Photo2468
登り始めの樹林帯

Photo2469
焼岳が見える

Photo2470
りんどう平

Photo2471
りんどう平から焼岳

Photo2472
下堀分岐の上部

Photo2473
霞沢岳

Photo2474
下堀沢の縁

Photo2475
笹原斜面の登山道

Photo2476
下堀沢源頭部

Photo2477
南峰北峰のコルから源頭部

Photo2478
コルから焼岳北峰

Photo2479
北峰の登り

Photo2480
中尾峠との分岐のコル

Photo2481
焼岳山頂から穂高方面

Photo2482
噴気口近くの登山道

Photo2483
焼岳北峰山頂

Photo2484
焼岳南峰

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月17日

四阿山

四阿山(2354m、長野県須坂市、上田市、群馬県嬬恋村)
根子岳から屏風岩の横を通ってササ原の十ヶ原へ下りました。気持ちのいい草原です。ここから四阿山への登りは樹林帯の急斜面。山頂に着いた頃には少し展望がありましたが、すぐに濃いガスに覆われてしまいました。山頂には群馬県側から登って来たハイカーがいて10人程度の賑わい。
下山は中四阿と小四阿のある中尾根コースをとって菅平牧場へ。誰にも会いませんでしたが、メジャーな山は登山道がしっかりしていて安心して歩くことができます。
山ラン#260
430MHz(FM)

四阿山の山頂は狭いので、ハイカーで賑わっているとアンテナを立てるのは難しいでしょう。でも、南峰と北峰があって細長い形状をした山頂なので、南峰の隅あたりなら邪魔にならないかも。山頂は長野県の須坂市、上田市、群馬県の嬬恋村のスリーポイント。ロケーションも抜群で関東平野にはよく届きます。


Photo2457
十ヶ原

Photo2458
十ヶ原から根子岳

Photo2459
四阿山登りから根子岳

Photo2460
四阿山山頂近く

Photo2461
山頂から田代池

Photo2462
北峰から浦倉山側

Photo2463
四阿山山頂

Photo2464
中四阿からの展望

Photo2465
小四阿から中四阿

Photo2466
シラカバ林

Photo2467
菅平牧場

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

根子岳

根子岳(2207m、長野県須坂市、上田市)
菅平牧場から登りました。休日ですが夏山の賑わいも終わったようです。駐車場はガラ空き状態で、ハイカーも少なめ。牧場の柵沿いを登っていたら、上から登山道を牛が下りてきました。人間は避けるしかありません。牧場からは近くに見える山頂も、ササ原の急斜面は距離があります。
根子岳山頂部は晴れて展望がよかったですが、四阿山側はガスで覆われていました。この山域は初めてですので、周りは見知らぬ山ばかり。なかなか山座同定できません。風がとても強い山頂でした。
山ラン#259
430MHz(FM)

山頂部は露出した岩で覆われていて、かなり広々としています。アンテナを立てる場所もあります。展望もよくてロケーションもよく最高の無線場所です。ハンディ機でも1エリアによく届きました。


Photo2446
登山口の牧場から根子岳

Photo2447
牧場上部からの展望

Photo2448
根子岳への登り

Photo2449
灌木帯の登山道

Photo2450
根子岳斜面

Photo2451
灌木帯を抜ける

Photo2452
ササの急斜面

Photo2453
山頂近く

Photo2454
山頂近くからの展望

Photo2455
根子岳山頂

Photo2456
山頂から四阿山への道

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月15日

赤岩山

赤岩山(110m、愛知県豊橋市)
地元の低山です。山麓に赤岩寺があって、周辺は赤岩山自然歩道として整備されています。今日も暑かったので誰一人歩いていませんでした。
山ラン#258
50MHz(SSB)

標高は低い山で東側は湖西連峰に遮られていますが、展望台からは豊橋の街が一望できます。西側には開けているので、標高のわりには意外に飛ぶようです。残念なのは展望台が老朽化のため立ち入り禁止になっていること。


Photo2441
赤岩寺(せきがんじ)

Photo2442
赤岩川の砂防ダム

Photo2443
林間広場

Photo2444
老朽化した展望台

Photo2445
展望台から豊橋市街

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 9日

北横岳

北横岳(2480m、長野県茅野市、佐久穂町)
大岳からガスの中を北横岳まで歩きました。北横岳の山頂はガスで真っ白で、展望は全く無し。風も強く寒くて無線どころではありませんでした。もちろんハイカーは誰もいません。
山頂から亀甲池に下りましたが、亀甲池は増水していて池周辺の登山道が水没状態。とても通ることができないため、倒木帯の中をまいて適当に歩いているようです。亀甲池からは天祥寺原に抜けて、草原の中を大河原峠へ戻りました。(無線はなし)


Photo2434
稜線から亀甲池

Photo2435
稜線から北横岳ヒュッテ

Photo2436
北横岳山頂

Photo2437
亀甲池

Photo2438
天祥寺原

Photo2439
天祥寺原から北横岳

Photo2440
大河原峠付近

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大岳

大岳(2382m、長野県佐久穂町)
双子池から大岳までの標高差は、たったの350mです。それなのに地図のコースタイムは2時間。登ってみてその意味がわかりました。登山道が岩の道でとても歩きにくい。天狗の露地に行くまでも岩の道だし、天狗の露地はもちろん岩だらけだし、本当に難儀な登山道です。30年程昔に大岳から双子池に下ったことがありますが、このときは冬山だったので十分な積雪で登山道の岩道がならされていました。このルートは積雪期に歩くべきです。
大岳の山頂には誰もいませんでした。展望はとても良い場所ですが、今日はガスが多くてちょっと残念。
山ラン#257
144MHz(FM)、430MHz(FM)

大岳の山頂は岩山ですが、それなりに広さもありますので無線をする場所はあります。岩の隙間を利用してアンテナを立てることもできます。ハイカーも少ない山ですから、邪魔になる心配もありません。ロケーションも抜群。430MHzと144MHzで10局ほど交信しました。今日はJARL長野県支部のQSOパーティの日なので、珍しく6mのFMでのQSOも狙っていたのですが空振り。最近ではQSOパーティのようなイベントを催しても、なかなか賑やかになるということはありません。


Photo2427
大岳側から双子山

Photo2428
天狗の露地

Photo2429
天狗の露地

Photo2430
天狗の露地の登山道

Photo2431
大岳山頂

Photo2432
大岳から三ッ岳

Photo2433
大岳から北横岳

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

双子山

双子山(2224m、長野県茅野市、佐久市、佐久穂町)
大河原峠に到着したのが午前8時頃になりましたが、大河原峠は閑散としていました。日曜日だというのに駐車車両は数台。ほとんどが蓼科山を目指すので、双子山を目指す人はいませんでした。それでも、山頂にはハイカーが数人。とても風の強い山頂でした。双子池に下りましたが、双子池周辺には誰もいませんでした。
山ラン対象外
430MHz(FM)

双子山の山頂部はとても広いので無線をする場所には不自由しません。北峰でも南峰でも大丈夫です。標高はやや低い山ですがロケーションは抜群。山頂は茅野市、佐久市、南佐久郡佐久穂町のスリーポイントです。大河原峠から近いので少々重い設備でも担ぎ上げできます。


Photo2415
大河原峠からの展望

Photo2416
大河原ヒュッテ

Photo2417
双子山から蓼科山

Photo2418
双子山から天祥寺原

Photo2419
双子山から浅間山

Photo2420
双子山山頂部

Photo2421
双子山南峰

Photo2422
双子山から大岳

Photo2423
双子池・雄池

Photo2424
双子池分岐

Photo2425
双子池・雌池

Photo2426
双子池ヒュッテ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 1日

権現岳

権現岳(2715m、長野県富士見町、山梨県北杜市)
昨年に引き続き登った権現岳です。でも、昨年と同様にガスで展望は駄目。権現岳から赤岳・阿弥陀岳の展望を期待していたのですが、今年も残念ということになりました。展望を期待するなら、やはり秋に来なくては。今日は登山者が少なくて、山頂にも数人が居ただけです。天女山の駐車場もがら空き状態だったし、登山道でも数人に会っただけ。もう夏山も終わりということでしょうか。(無線はなし。)


Photo2411
奥三ッ頭から権現岳

Photo2412
権現岳への登山道

Photo2413
ギボシと権現小屋

Photo2414
三叉路から権現岳

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

奥三ッ頭

奥三ッ頭(2590m、山梨県北杜市)
登山道は奥三ッ頭の山頂を通っていませんので普段は意識することもありませんが、山頂には古い祠が鎮座しています。山頂に登る踏み跡もあるので、皆さん登ってみるようです。ここから見上げる権現岳は迫力があります。
山ラン#255
430MHz(FM)

誰も登って来ませんので座り込んで無線をしても邪魔にはなりません。でも、山頂部は狭いのでアンテナを立てるのは苦しいかも。


Photo2407
三ッ頭側から奥三ッ頭

Photo2408
奥三ッ頭山頂

Photo2409
権現岳への稜線

Photo2410
奥三ッ頭から三ッ頭

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

三ッ頭

三ッ頭(2580m、山梨県北杜市)
三ッ頭の山頂まで来た頃には、ガスの切れ目から少し展望が得られるようになりました。でも晴れるということはなくて、一日中ガスに覆われたりガスが切れたりの繰り返し。こういう日に写真撮影をするには根気が必要です。時間に余裕がないとガスの写真しか撮れません。
山ラン対象外
430MHz(FM)

展望のよい場所で、1エリア方面に開けています。山頂部も広いのでアンテナを立てる場所もあります。権現岳の山頂部は狭いので無線をするのに適していませんが、三ッ頭ではのんびりと無線ができます。


Photo2404
三ッ頭山頂

Photo2405
三ッ頭から編笠山

Photo2406
三ッ頭から権現岳

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

前三ッ頭

前三ッ頭(2364m、山梨県北杜市)
天女山からの登山道は途中から急登になりますが、これを登り切ったところが前三ッ頭で、ここで展望が開けます。でも、今日は濃いガスの中で展望は全くありませんでした。
山ラン#254
430MHz(FM)

権現岳に登る途中ですが、ここまで登れば標高もあるので無線のロケーションは良くなります。天候が良ければ展望もあるし、スペースもあるのでアンテナを立てるのに不自由はしません。


Photo2401
前三ッ頭の登山道

Photo2402
前三ッ頭の登山道

Photo2403
前三ッ頭山頂

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天女山

天女山(1529m、山梨県北杜市)
権現岳登山口のある天女山です。駐車してある車は数台。ハイカーは誰もいませんでした。天候が悪かったので権現岳方面もガスに隠れていましたが、山麓はかろうじて見えました。
山ラン#253
430MHz(FM)

権現岳の山麓に位置するため標高は低いです。でも、甲府盆地方面の展望があって開けていますので、それなりに交信できるようです。


20070901a
天女山山頂

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »